赤ニキビの治療法

ニキビの中でも厄介なのが赤ニキビです。
赤ニキビは白ニキビが進行して炎症を起こした状態のニキビです。

 

赤ニキビは白ニキビとは違い、炎症を起こしている為に治療に時間が掛かりますし、最悪、痕が残ってしまう事もあります。
日々のケアで少しずつ改善していきますが、ひどくなる前に早めに医療機関を受診するのをおススメします。

 

赤ニキビは清潔にする事が大切ですから、指で触る事はもちろん、髪の毛もかからないようにしましょう。
白ニキビはつぶして芯を出す事で改善に向かいますが、赤ニキビはつぶす事はもちろん、気にして触る事もNGです。
赤ニキビの治療に一番大切な事は、触らない事なのです。

 

赤ニキビを治すために必要なのが、まずは肌を清潔にする事です。
ただし、通常市販されている洗顔料の洗浄力は強力ですから、肌に必要な皮脂まで取り除いてしまいます。
なるべく、無添加の石けんを使用して、石けんを使うのは1日に1回だけに留めておきましょう。
それ以外はぬるま湯だけで洗顔します。

 

洗顔後は化粧水でしっかり保水してから、美容液や乳液、クリームなどでケアします。
正しい洗顔としっかり保湿する事で、少しずつ赤ニキビは改善していくでしょう。

 

また、赤ニキビを治すため、スキンケア以外の生活習慣も気を付けましょう。
食事は脂肪分や糖分の取り過ぎに気をつけ、さらに刺激の強いものも極力控えましょう。
睡眠不足も大敵ですから、十分に睡眠時間を取る事はもちろん、毎日同じ時間に寝て同じ時間に起きるなど、体内時計を整えて肌の再生力を高めましょう。

 

これらのスキンケアを行いながら、赤ニキビの治療に市販のニキビ薬を利用するのもいいですが、ひどくなって痕が残るようなことにならないためにも、医療機関で薬を処方してもらうといいでしょう。
医療機関では塗り薬はもちろん、炎症を抑える為に抗生物質の飲み薬も処方してくれますから、自分でケアするよりも早く赤ニキビを治す事ができるでしょう。