ニキビ痕の改善方法

ニキビ跡には大きく分けて赤みが残る、シミが残る、クレーターが残るの3つがあります。
これらのニキビ跡を改善する方法は、タイプにより異なるので自分に合ったケアをしていきましょう。

 

赤みが残ってしまった人は、肌の内部でまだ炎症が続いている状態です。
通常、半年もあれば自然に赤みは消えていきますが、場合によっては1年以上、または何年経っても赤みが消えない事があります。
これは、肌の表面が薄くなってしまい、毛細血管が透けて見えてしまっている状態であると考えられます。

 

この肌の赤みは、肌のターンオーバーを促進させる事で改善していきます。
古い角質を取り除いてからビタミンC誘導体の化粧水、また、イオン導入などでケアするのが効果的です。
根気よくケアを続けていく事で、次第に肌の赤みは改善されていきますから、諦めずにしっかりケアしていきましょう。

 

ニキビがシミなってしまったという人は、炎症性の色素沈着が原因です。
あるいは、ニキビをつぶす時に爪を使ったという人もその刺激で色素沈着が起こる場合があります。
これらのシミには、ビタミンC誘導体配合の美白化粧品が有効ですが、日焼けをするとシミは消えにくくなりますから、紫外線対策もしっかり行う事も重要です。
また、洗顔や保湿などのスキンケアも気を付けて行いましょう。

 

ニキビ跡で一番厄介なのが、肌が陥没してクレーター痕になってしまった時です。
残念ながら、家でのケアで十分な効果を得る事は難しいのが現状です。
美容皮膚科などでピーリングやレーザー治療などを行うと、かなり改善できると言われていますが、高額な費用が掛かるのでおススメはできません。

 

クレータを家で少しでも改善するためには、化粧水で肌にたっぷり水分を与えてあげる事が大切です。
ビタミンC誘導体が配合された化粧水で、肌をしっかりうるおしてから美容液や乳液、クリームなどで油分を補給して保湿ケアを行いましょう。

 

比較的に浅いクレーターの場合であれば、正しい洗顔と正しい保湿ケアでターンオーバーを正常化させていれば、ある程度目立たなくする事は可能です。

ニキビを早く治す方法!ニキビ痕の改善方法関連ページ

治す方法
白の治療方法
肌を改善する方法
ケア
大人
治療のために
皮膚科