ニキビの皮膚科

ニキビは誰でもすぐにできてしまうものですから、あまり意識していないと思いますが、ニキビは皮膚の病気です。
軽く考えていると、キレイな肌とは言えないようなボロボロの肌になってしまうかもしれません。
そんな困った事になってしまわないように、皮膚科で治療するのが安心です。

 

ニキビぐらいで病院に行くなんて、と思っている人も多いかもしれませんが、ニキビを早く治して、痕が残らないように治療をするには皮膚科が一番です。
では、皮膚科ではどの様な治療が行われるのでしょうか。

 

皮膚科を受診すると、まずはいつニキビができたのか、ずっとニキビを繰り返しているのならいくつからか、ニキビの出でいる場所、それから食生活、便秘の有無、生理周期などを質問されます。
この問診でニキビの原因をさぐるわけです。

 

ニキビの状態や問診の結果により、その人に合った薬が処方されます。
菌の繁殖を抑える、炎症をやわらげる、皮脂の分泌を抑える、新陳代謝を高める効果のある塗り薬や飲み薬です。

 

病院の薬の効果はテキメンですから、すぐに効果が期待できます。
ただし、ポツンとニキビができたくらいで皮膚科に行く人はあまりいないでしょう。
ニキビで皮膚科にかかる多くの人は、自分の手に負えないほど炎症が進んだ状態か、何度も繰り返すニキビにしびれを切らしてという事が殆どではないでしょうか。

 

しかし、本当は初期の段階で皮膚科にかかる方が早く治りますし、痕も残らずキレイになりますし、かかる費用も少なく済みます。
ニキビに悩む人は皮膚科の受診をおススメします。

 

また、皮膚科で行うニキビ治療は保険の効く治療と、保険適応外の治療があるのを知っているでしょうか。
通常、ニキビができて皮膚科にかかる場合は保険の範囲内の治療を行います。
しかし、ニキビ跡の治療となると話は別です。

 

ニキビ跡、例えば炎症の残った肌の赤みや色素沈着、そしてクレーター状の凸凹肌は一般診療で直す事は難しいのです。
ケミカルピーリングやイオン導入レーザー治療、フォトフェイシャルなどをする必要があるのです。
そうなると、掛かる費用は高額になります。