大人ニキビの治し方

ニキビには思春期の頃にできるニキビと、大人になってからできるニキビのの2種類あります。
子供の頃のニキビは性ホルモンによる皮脂の過剰な分泌が原因ですが、大人ニキビの原因は数多くあり、そしてその原因が複雑に絡んでいます。

 

大人ニキビの原因と言われているものは、食生活や生活習慣の乱れ、ストレス、ホルモンバランス、乾燥肌、便秘、間違ったスキンケアなどざっとあげただけでもこんなにたくさんあります。
そのため対処法でニキビをケアしていても、根本的な解決をしない限り、大人ニキビは何度も何度も繰り返します。

 

ニキビは皮脂が過剰に分泌されることでできるのは、思春期のニキビと同じですが、なぜ皮脂が過剰に分泌されるのかというのが違います。
その要因の中でも大きなものがホルモンバランスの乱れと乾燥肌です。

 

ホルモンバランスの乱れが皮脂の過剰分泌に繋がりますが、これも女性ホルモンの影響している場合と、ストレスのせいで男性ホルモンが活性化して皮脂が過剰分泌される場合があります。

 

乾燥肌が皮脂の過剰分泌を招くのは主に洗い過ぎが原因であり、肌に必要な皮脂まで洗い流してしうために、かえって皮脂の分泌が多くなってしまうという場合に起こります。

 

これらの過剰な皮脂分泌でニキビができてしまう場合に必要な対処は、保湿をしっかりして肌を乾燥から守る事です。
さらに、規則正しい生活習慣を心がけることで、肌が持つバリア機能を高めてニキビの出来にくい体質へと変化していくしょう。

 

しかし、例えば食生活や生活習慣にも気を配り、肌もしっかり保湿しているのにニキビができてしまうと悩んでいる人も少なくありません。
そんな人は、もしかしたら日々のスキンケアが間違っているのかもしれません。

 

ニキビケアにとって重要なのは洗顔だと思っている人は多いと思いますが、1番大事なのは洗顔後の保湿です。
例えば極端な話、洗顔料を使って洗顔しなくても良いのです。
ぬるま湯でパシャパシャ洗顔を行ってから、化粧水でたっぷり保水、その後、乳液やクリームなどの油分を補うというシンプルスキンケアが、実は最高のニキビケアであったりします。