白ニキビの治療方法

ニキビには、白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビなどがあります。

 

白ニキビは毛穴に皮脂や汚れが詰まり、そこにニキビの原因であるアクネ菌が増殖してしまった状態の事で、炎症が起きる前の状態を指します。
白ニキビが進行してアクネ菌が活発に活動していくと、痕の残りやすい赤ニキビとなってしまいます。

 

ですから、白ニキビのうちにしっかりケアをして、赤ニキビへの進行を防ぐ事が大切です。
ただし、白ニキビでもケアの仕方を間違えてしまえば、痕が残ってしまう事になりますから、十分に注意しなければなりません。

 

通常、ニキビをつぶすのは、痕が残ったり雑菌が入って炎症を起こす危険があるので、してはいけないと言われています。
しかし、白ニキビはつぶした方が良いという説もあるのです。
事実、医療機関での治療では、つぶして芯をだすケアを行う所もあるのです。

 

白ニキビをそのまま放置してしまえば、どんどん進行して炎症を起こし、化膿しているところから次々と広がっていく事もあるのです。
また、炎症が長く続いてしまうと痕が残りやすくなってしまうので、白ニキビの段階でつぶした方が良いというのです。

 

でも、わざわざ医療機関に行くのも面倒、という人もいるかもしれませんね。
家でもできる方法を紹介しましょう。

 

白ニキビを自分でケアする場合は、ニキビをつぶす専用器具、コメドプッシャーを用意すると簡単ですが、無くても構いません。
それから、針と毛抜き用のピンセット、消毒薬、ガーゼなども準備しておき、器具はしっかり洗浄、消毒しておきましょう。

 

針で白ニキビの表面に穴を開けたら、コメドプッシャーを白ニキビに当てて芯を押し出しますが、この時、力を入れ過ぎないように気をつけます。
コメドプッシャーがない場合は指の腹で押し出しましょう。
爪で押すのはNGですから気を付けましょう。
出てきた芯はピンセットでつまんで抜き取ります。
ケア後のニキビはガーゼなどに消毒薬を含ませて消毒しましょう。

 

赤ニキビは絶対に触ってはいけませんし、つぶすのは論外です。

ニキビを早く治す方法!白ニキビの治療方法関連ページ

治す方法
痕の改善方法
肌を改善する方法
ケア
大人
治療のために
皮膚科